くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

田沢湖マラソン参戦 

 
10月からの訓練合宿前に、何か最後の試練を自ら課そうと
参加を決めたフルマラソン。
自身初参戦です。

ターゲットは秋田県の田沢湖マラソン。
完走後には温泉三昧の日々が待っている、
本当はこれだけが楽しみでの参加。
動機は不純です。



数ヶ月前から走りこみはしていたのですが
ここへきて海外旅行が重なり
しかもキューバからの帰国直後。
練習不足は否めず、ぶっつけ本番状態で望みました。

友人のフルマラソン経験者からは
「マラソンをなめてる」
ときつい言葉。
まあ、ひとまず完走が目標です。



当日は朝から冷たい雨。

早朝5時に
前日入りした盛岡から田沢湖へ電車で移動、
ローカル線の乗客は
ほぼマラソン参加者で埋まっていました。
約5000人の参加だそう。




さて会場に到着。
P1000172_R.jpg


雨は降り止まず、天気予報も一日中降水確率70%。。
加えて寒さもかなり影響しそう。
参加者も皆どのような格好で走るか決めかねているようでした。



しかししかし、何とスタート直前に雨は上がり
気温もマラソンには丁度いい20度前後。
コレは天気も味方したか?
ベストコンディションに完走可能の手応えが。

乳首にニップレスを貼り、いざ出陣!
(擦れて痛くなるから貼るよう、アドバイスを受けた。
 変な趣味は無い。)



定刻の10時にスタート。
前半20キロが市街地コース、
残り後半が田沢湖一周というレースです。



稲刈りの時期ということもあり
美しい日本の田舎の風景を見ながらの前半。
沿道の応援はお年寄りと子供が多く
励まされると同時に心が和みました。




序盤、1kmずつのラップタイムは
ほぼ一定の5分台のペースで
順調に見えました。

が、
後半の田沢湖一周コースに入ってから
足の疲れが出始め
25kmを過ぎた頃に
ついに歩いてしまいました。



歩き癖がつくとまずいのは分かっていたのですが
これに追い討ちをかけるように
コースのアップダウンが激しくなり始め。。



ただでさえ35kmからは過酷なのに
コース最大の心臓破りの坂が
このタイミングで現れ
完全に心が折れました。。


周りのランナーもこの時点で
走っている人は一人もおらず
みな歩いてこの難所を越えています。




結局ここから先は
ほとんど走れる状態でなく
大会規定の制限時間、5時間を目指すも
ギリギリのペース。

ラスト2kmで残り12分を切ってしまった時点で
制限時間内はあきらめました。




無事完走は果たしましたが
タイムは5時間10分35秒。

初マラソンにしてはまあまあの出来ですかね。
でも10分、惜しかった。
最後の坂さえなければ、、というところですか。




レース後は予想通りの筋肉痛にやられ
階段を上るのにも一苦労の状態でしたが
このあとは温泉3連泊の自分へのご褒美!
DSC04133_R.jpg
DSC04194_R.jpg


日本人に生まれて良かったと思える
最大の瞬間を満喫。



さあこれで遊びは終わり。
訓練準備モードに突入(のはず)です!
 
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« 訓練の地へ
ということで、キューバ(その5)  »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。