くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

ということで、キューバ(その2) 


まずメキシコはカンクンから
(ココまで来るのにすでに18時間経過)
1時間半のフライトで
キューバの首都のハバナへ。

メキシカーナ航空の突然の倒産で
自分たちの利用するクバーナ航空に客が押し寄せ
現地手配会社と席が取れている取れてないの
すったもんだがあったりしましたが
何とかフライトは確保できました。
DSC03560_R.jpg


クバーナ航空、唯一の国営航空会社なのですが
機体が、悪名高いロシア・アエロフロート航空の中古だという。

アエロフロートというだけでも
その安全性と機体の整備状況から
敬遠するベテラン旅行者が多いのに
さらにその中古を使用するとは。。
こんなところにも旧社会主義国家との関係の名残が。

確かに機内にはロシア語の表記があふれ
しかもかなりボロボロ。
DSC03569_R.jpg

フライト中、天井の空調出口から
頻繁に水滴が垂れてた。。
DSC03570_R.jpg


この手の古い機体、離着陸時に
なぜかドライアイスのような白い煙が
天井付近から大量に噴出するんです。
(過去、ラオスの飛行機の機体でもそうだった。)
知らないで乗った人はかなりビビると思います。

様々な不安を抱えてのフライトでしたが
離着陸時、久々に天に祈る気持ちになりました。
キューバ着陸時には拍手をして歓声を上げる乗客も。
この光景、久々に見ました。



ちなみに、キューバ出入国の際のスタンプは
パスポートに押されず、
ビザの代用のようなツーリストカード
(メキシコで15USドルで入手できる)という紙に
押されるようになったそうです。

キューバのスタンプがあると旅行するのに
不都合が生じる国があるための措置です。
DSC03334-2_R.jpg


私の場合、既にパスポートに
イエメン、シリア、イランなどの中東国のスタンプがあり
アメリカ入国の際に厳重に取り調べられた経験があります。
加えてキューバスタンプなどあると
もう入国だけにかなりの労力を強いられそう。
なので別紙に押印で助かりました。




さて、入国なのですが、
先月からキューバに滞在する旅行者全員に
滞在期間中の保険の加入が義務付けられました。

基本的に医療費が無料のキューバで
外国人に対してまでは無料保障はしない、
というスタンスになったのでしょうか。

幸い日本からクレジットカード付帯の保険について
英文で加入証明書を取り寄せていたので
入国の際にそれを見せたらすんなりとOKが出ました。



キューバの首都ハバナのホセ・マルティ国際空港。
DSC03201_R.jpg
DSC03557_R.jpg


(その3)に続く。。。
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« ということで、キューバ(その3)
ということで、キューバ(その1) »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。