くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

FIFA世界最下位決定戦 

 
日本代表のまさかの?決勝トーナメント出場で
沸きに沸いたワールドカップも、残すところ決勝戦のみ。

ここでワールドカップとブータンにかかわるトピックをひとつ。

8年前のちょうど今頃、
2002年、日韓ワールドカップにおいて
横浜で決勝戦(ブラジルvsドイツ)が行われていた6時間前、
当時FIFAランキングワースト2位(202位)のブータンと、
最下位(203位)のカリブ海の島国・英領モントセラトの間で
「FIFA世界最下位決定戦」がキックオフされました。

映画 『アザー・ファイナル』
DSC01218_R.jpg


今大会、予選で日本にも勝利し、決勝進出まで果たしたオランダですが、
何と2002年大会では本戦の出場を逃がし、その無念の思いで
オランダの広告代理店が遊び半分に企画したドキュメンタリー映画です。

以下、少々ネタバレ注意。






この試合、ブータンの首都、ティンプーにて行われました。
ただでさえ高地(2,500m)での悪条件に加え、
モントセラト選手団がブータンへの遠征中に立ち寄ったインドのカルカッタにて
集団食中毒を起こす、といったアクシデント。
さらに自国サッカー協会との対立により
試合寸前でモントセラト監督が辞任するというドタバタ劇。
かなりハンデのある状況下でのキックオフ。

ストーリーは、いまや主流である商業主義の大会運営へのアンチテーゼか
サッカー、スポーツによる国際交流を前面に押し出し
ブータンの美しい風景や人情味あふれた生活の様子とともに
いささか懐古主義的な展開で進んでいきます。

サッカーの試合自体はお世辞にもうまいとは言えないほどお粗末な内容なので
フリークの人にとっては見ごたえは無いかもしれませんが
ほのぼのと進むストーリーと描写に
懐かしさを覚えます。

ちなみに、この試合4対0でブータンが勝ちました。

そして2010年5月10日最新のFIFAランキングでは
ブータンは196位にジャンプアップ、
モントセラト202位(6カ国同率でいまだ最下位)
となっています。



あと豆知識。
最近のブータンのサッカーナショナルチームの代表監督は何と日本人で、
清水エスパルスでも監督をされたことのある、
行徳浩二さんだったそうです。(2010年1月まで)

ブータンサッカー(行徳監督のブログ)
http://changlimithang.de-blog.jp/blog/

そして今年6月からは同じく日本人でJリーグでも活躍した
元J2大分のコーチの松山博明さんが
後任として2012年末まで務めるそうです。

日本サッカー協会は、国際交流支援活動として、
フィリピン、マカオ、グアム、北マリキナ諸島などへ、
その国のナショナルチーム代表監督として派遣しているとのこと。
こんな国際協力の形もあるのですね!

関連記事

テーマ: 雑記 - ジャンル: 日記

[edit]

その他  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« ムハマド・ユヌス講演会
Incredible India !  »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。