くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

2次選考試験 その1 

 
2次選考当日。

京王新線の幡ヶ谷にある、
JICA東京センターに向かいました。

久々にスーツを着て
身が引き締まりました。
我ながらちょっとぎこちない?

受験生は一同、体育館のような広い講堂に集められ
(100人以上はいたかな?)
周りを見ると、みな日本各地から集結している模様。
でもこの2次選考は
10日間ほどの期間に割り振られているので
いかに受験者が多いかが分かります。


午前中、まずは英語の試験から。

65分でリスニングとリーディング。
レベル的にはTOIEICよりは相当簡単に感じましたが
(でも引っかけ問題にもろに引っかかった気もする)
何せ「試験」という形で英語に接したのが久々だったので
どっと疲れがでました。。



さて続いて面接試験なのですが
その前に

合格したあとに訓練所入所の際に着る
ブレザーの採寸がありあました。

えっ?まだ合格するかも分からないのに
全員分採寸するの??

でも訓練所入所前に
全員が一同に集まる機会などは無いと思われるので
今日がその最初で最後のチャンスなのかも。



私の午後の面接のスケジュールは
 
最初に人物面接、
その後技術面接

となっていました。

事前の情報では面接は(人物、技術と分けないで)一度きり
と聞いていたので
ちょっと面食らいました。

技術的なことについては、あまり対策してこなかった。。



面接まで時間があったので
周りのかたと少しお話をしたのですが
隣の女性は美術分野で受験されていて
面接時に自分の作品をプレゼンするらしい。

なんか大掛かりな袋などを持参している人が多いと思った。
いいなぁ、こういう作品のプレゼンがあったほうが
自分にとっては得意分野だしな。。

いろいろとお話したのですが
その女性は今回3、4度目の受験らしくて
職種にもよるけれど
一発合格というのは簡単ではないことを伺いました。

面接前にネガティブな情報を得てしまった。


また、その女性の友人も受験されていてお話しすると
何とそのかたは私と同じブータン希望!
職種は美術とのこと。
なので競合は回避でき、ちょっと安心。
しかし今回はどの職種でもブータンはかなりの人気らしい、
というまたネガティブ情報ゲット。。



また違うところで今度は建築の職種ついての情報。
(面接時間までかなり時間が空く人が多いので
みな暇つぶしに情報交換している。)

今回建築分野全体で約20名の受験者がいて
1次を通過した15名が今日2次選考に来ている。
(何でそんなの知ってるの?)

建築全体で5カ国からの要請があって
しかし周りの建築受験者に聞いて回ると
そのほとんどがブータン希望だそう!

ブータンで建築の要請は1名の募集のみ。
少なく見積もっても倍率は10倍以上と判明。
最悪、14、15倍??

ああ、なんてこった。
こんな倍率の試験、久々だよ。
建築士の試験以来?

でも、何かコレ聞いて
逆に吹っ切れて、重荷が取れたような気がしました。


2次選考試験 その2に続く・・・
 
 

関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

受験  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« 2次選考試験 その2
遠い未来の予定が »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。