くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

任国外旅行、バングラデシュ 

 
青年協力隊では1年間に20日間のみ、休暇目的で
任国以外の国に旅行へ行く事ができます。

活動も終わりかけていましたが
今回はブータンから行ける数少ない国のうちの一つ、
バングラデシュへ行ってきました。
(協力隊員は緑色の公用パスポートで派遣されていて
任国以外の国で行けるところが限られています。
詳しくはこちらから。)
 
 

今日のパロ空港は快晴です。
久々の飛行機に胸高まります。
IMG_3819_R.jpg

と、機内誌に目をやると
何と私の撮ったブータンの写真が
2ページにわたって掲載されていました。ビックリ。
DSC03045_R.jpg


さてバングラの首都、ダッカの街並が見えてきました。
見渡す限り真っ平ら。そして、ビル、ビル、ビル。。
ブータンとの規模の違いに、ただただ驚くのみ。
DSC03052_R.jpg
 
 
空港の様子。こちらもブータンとは桁違いの規模で。
DSC03057_R.jpg
 
 
早速ホテルへと向かいました。
こちらはCNGというガスを燃料とした乗り物。
インドでいう、オートリクシャーですね。
DSC03072_R.jpg
 
 
乗車席からの眺め。鉄格子で監獄のよう。。
DSC03137_R.jpg
 
 
市バスはものすごく古い車体を使ってるのが多いみたい。
DSC03073_R.jpg

 
 
ホテル着後、すぐにJICAバングラデシュ事務所へと足を運びました。
こんな高層ビルのワンフロアに入ってました。
ブータンとは何もかもが桁違い。
DSC03089_R.jpg
 
 
ブータン事務所の職員から預かったお土産を渡しに、
という使命を果たしました。
DSC03092_R.jpg
DSC03093_R.jpg

ブータンの民族衣装、ゴを着て行ったので皆さん興味津々で
質問攻めにあいました。
 
 

そのまま、夜の街中へ。
リキシャに乗ってみました。
DSC03105-2_R.jpg
 
 
高級ホテル、ウェスティンのロビーにて。
エーロ・アールニオ のボールチェアにブータン民族衣装で。
何ともアンバランス。
DSC03108_R.jpg


意外にもバングラの人たちは私の衣装を見るなり
「ブータン人か?」と訪ねてくる人が多かったです。
 
 
 
 
さて、今回の旅の最大の目的は
ダッカに建つ知る人ぞ知る有名建築、
ルイス・カーン設計のバングラデシュ国会議事堂を見るためです。

バングラの1000タカ札にも描かれている、これです。
DSC03132_R.jpg

バングラの建築隊員、Sさんに案内してもらう事ができ、
何と普段は入れない内部まで見させていただきました。

力強いフォルムの建物です。
IMG_3856_R.jpg
IMG_3890-2_R.jpg
IMG_3885-2_R.jpg
IMG_2437-2_R.jpg

もうこの建築を見ただけで、バングラ来た甲斐があった、
と思えるほど感激しました。
 
Sさんの職場も案内していただきました。
DSC03162_R.jpg

Sさん、本当にありがとう!




ということでしたが、ダッカ市内の様子なども。

名物の大渋滞。
DSC03189_R.jpg
 
この混雑ぶりで。
バスからリクシャからごっちゃになって走ってるので、ヒヤヒヤです。
DSC03202_R.jpg

 
何を運んでいるのでしょうか。
いい表情!
IMG_3871_R_R.jpg
 

東京の繁華街にもありそうなビルが。
DSC03316_R.jpg
DSC03335_R.jpg

 
日本でも見慣れたオジサンが!
DSC03330_R.jpg

興奮しすぎて、食べる前に写真撮るの忘れました。
DSC03334_R_20130114035522.jpg
 
 
こちらはフツーに日本にあるカフェと同じですね。
途上国である事を忘れた一瞬。
DSC03343_R.jpg
DSC03348_R.jpg
DSC03353_R.jpg


最終日は、ダッカ市内で開催されていたIT展示会に訪れ、
同期のIT隊員と約2年ぶりに再会できました。
DSC03275_R.jpg
DSC03309_R_20130114035513.jpg

それにしても、すごい規模。
DSC03252_R.jpg
DSC03264_R.jpg

最後の夜はバングラ事務所の調整員さんのお宅で
夕食までいただききました。
美味しい和食に感涙。。
DSC03240_R.jpg

 
最後のダッカ空港にて撮った朝日。
地平線から上る太陽を見るのは久々でした。
IMG_3943-2_R.jpg

 
という事で、滞在たった5日間のうち
2日間のハルタル(ストライキ)などもあったりで
大変な時期の渡航だったのですが
なんとか無事ブータンへと戻りました。
 
そしてブータンに着いたその足で空港から直接、
最後の仕事の出張先、パロ・タゾンへと。
バングラに民族衣装を持参したのはこのためでした。
 
 

 

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

任国外旅行  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« Nature Gallery
チェレ・ラ 2012 冬 »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。