くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

ジョモラリ・リンシ・ラヤ トレッキング (その5) 

 
■5月30日(9日目 リミタン〜ラヤ 歩行距離9km 歩行時間4時間)

次の目的地、ラヤまではもう目前。
今日はゆっくりと朝食をとってからの遅めの出発。

お前さんも食べるかい?
0530-30_20120613140532.jpg
 
 
花の咲き乱れるここリミタン・キャンプサイトは、
ブータンの国花ブルーポピーで有名。
IMG_0657_R.jpg
IMG_0627_R.jpg

6月下旬から8月までの雨期本番には
辺り一面がブルーポピー畑になるそうです。


ブルーポピーについて少しウンチクを。(出典:Wikipediaなど)

学名:メコノプシス・ホリドゥラ Meconopsis horridula
俗称:ブルーポピー、ヒマラヤの青いケシ。
ケシ科だが、麻薬の原料にはならない。
ヒマラヤでも標高4000mを超えた地域にしか生えず、
天上の妖精、幻の青いケシといった異名がある。
園芸植物としては1926年にイギリスで初めて開花に成功。
ヨーロッパではこの花の存在が一流植物園の証明と言われ
栽培の難しさを物語っている。
日本では大阪花の博覧会のブータン館に出品され一躍有名になった。


 
・・そうです。
 

  
花の散策を終え、
眼前にせまるタイガーマウンテン(別名ガンチェタ)6,840mを眺めます。
0529-08.jpg
IMG_0708_R.jpg
DSC09899_R.jpg




さあ、いよいよ憧れのラヤへ向けて出発。
標高も下がり、緑が多く見られるようになりました。
DSC09934_R.jpg
 
 
チベット国境が近いため
漢字で書かれた製品のゴミが見られるようになりました。
0530-35.jpg


4時間の比較的楽なトレックにて、とうとうラヤに到着。
久々に見る大きな村です。
噂にたがわず良い所そう。
0530-01_20120613140534.jpg
0530-02_20120613140533.jpg


ここラヤに住む民族のことを、ラヤッパと呼びます。
女性のみが竹でできた三角の帽子を被る不思議な民族です。
衣装もブータンで通常見られるキラとは違った
どちらかというとチベットに近いものを纏っています。

ブータン各地の祭りでラヤッパのダンスなどが見られますが
それらは当日限りの偽ラヤッパです。
 
 
ついにリアルラヤッパ親子に遭遇!
0530-03_20120613140533.jpg
 
学校帰りの子供たち。
IMG_0718_R.jpg
 
お店のラヤッパ。
IMG_1821-2_R.jpg
 
  
本物のラヤッパたちとの邂逅に少々興奮気味の我ら。
 
   
こちらが本日お世話になる民家。
今日はテント泊ではありません。ありがたや。
0530-36.jpg
 
  
部屋の中。
これでもかという位、食器が並べられているのは
お金持ちのステータスなのです。
0530-37.jpg
  
   
ダイニングもありました。
国王の写真がずらり。
DSC09963_R.jpg
 
 
オーナーのアマ(お母さん)。
ラヤの民族衣装のスカートをはいています。
0530-40.jpg
  
  
隣りの子、サンゲ・チョデン、8歳。恥ずかしがり屋。
0530-38.jpg
 
 
明日の朝、ガイドさんが
近くの小学校の朝礼に案内してくれるとのことで楽しみであります。
  
 
 
■5月31日(10日目 ラヤ泊)

テント泊と違って、家の中で寝られるというのは非常にありがたいです。
暖かく、ぐっすりと眠ることができて疲れもとれました。

ラヤの朝
0531-01-04_R.jpg
↑画像クリックで拡大
 
0531-01-06.jpg
0531-01-03.jpg
0531-01-02.jpg
IMG_0890_R.jpg
IMG_0889_R.jpg
IMG_0934_R.jpg
0531-14.jpg

 
 
隣りの子、サンゲがまだ朝6時半だというのに登校。
ラヤの学校では、朝食が出るのだそうです。
IMG_0857_R.jpg
 
 
黄昏れる少年。
IMG_0888_R.jpg



私たちも朝食を済ませて、学校訪問。
ちょうど朝礼の始まる時間です。
0531-03-2.jpg
0531-04-2.jpg
0531-04-3.jpg
0531-05.jpg
 
 
朝礼の様子です。
ブータンの学校の朝礼は、お祈りから始まります。
0531-03-7.jpg
0531-03-6.jpg
0531-03-3.jpg
0531-03-4.jpg
0531-03-5.jpg
IMG_1261_R.jpg

 
 
邪魔はしないように、校舎のあちこちで写真を撮らせていただきました。
P5312164_R.jpg


スナップなど
0531-13.jpg
0531-06.jpg
0531-08.jpg
0531-09.jpg
0531-10.jpg
0531-11.jpg
IMG_1128_R.jpg
IMG_1303_R.jpg



いやしかし、日本でやったら犯罪者レベルなおっさん2人。
P5312167_R.jpg
 
 
午後は村をまわってみることに。

井戸端会議ですかね。
0531-19.jpg

いい顔してるなぁ。GNHマックスってな感じ。
IMG_1439_R.jpg
0531-18.jpg
 

ラヤッパ帽子を売りに来たおばさん。
0531-20.jpg
0531-27.jpg

ビーズの多さによって値段が違います。
アマたちが被っているような多くのビーズが付いているものは
3,000ニュル(約5,000円)もします。

 
結局ビーズが5連ついた帽子をお土産に購入(300ニュル、約500円)。
0531-41.jpg
 
 
  
こちらでは民族衣装のスカートの生地を織っていました。
0531-22.jpg
0531-24.jpg
0531-23.jpg
 
  
まちなかにて
0531-38.jpg
0531-30.jpg
0531-37.jpg
0531-29.jpg
0531-28.jpg
0531-26.jpg
0531-25.jpg
 
 
夜はファームステイ先のアマが、ドツォ(石焼風呂)を用意してくれると。
昼間から石を焼いて準備してくれています。
0531-40.jpg
0531-39.jpg


トレックスタッフも総出で、焼いた石を入れてくれます。
DSC00022_R.jpg
 
 
そして入ったのがコレ。初体験です。
DSC00024_R.jpg

焼き石を侮っていました。
想像以上にお湯が熱い!

しかし月夜の晩に星を眺めながらの久々の入浴。
疲れも吹き飛びました。
これでビールがあれば最高なんだけど。。
(※トレッキング中はアルコール厳禁です。)

 
その6へ続く。。
 
  
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

トレッキング  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« ジョモラリ・リンシ・ラヤ トレッキング (その6)
ジョモラリ・リンシ・ラヤ トレッキング (その4)  »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。