くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

人生の岐路? 


ブータンから帰国して日常のペースに戻っていたこの日、
なんとなく旅先で聞いていた
ブータンでの青年海外協力隊の仕事の話が頭をかすめ、
軽い気持ちで協力隊(JICA)のホームページを覗きました。

以前にも何度か見たことはあったのですが
その時は、建築士の資格での要請ってあるのかな、、という程度でした。
いくつかの国からの要請はあったと記憶していますが
興味をそそられる内容ではなかったので
そのとき限りで自分の頭の中からは消えていたはずでした。

で、今回。
なんとなんと、ブータンからの建築での要請があるではないか!

しかも内容が

・伝統建築の調査、保存、改修
・文化施設など小規模建築の設計

とある。
非常ーーーに興味が湧いた。いや、湧いてしまった。
もしブータンでこの内容で活動できるならば
設計者冥利に尽きるなぁ。


また、ただでさえ滞在費が高いブータン。
もし仮に2年間住めることになったら、、
(実際は2年間もツーリストビザでは発行されませんが。)

滞在するのに公定レートで1泊につき240ドルかかる。
ざっと見積もって2年間で。。


何と1600万円!!(1USドル≒90円で)


もちろん協力隊での2年間の滞在ならこの費用はかからない。
これってかなり奇跡に近いことではないか?
隊員で行かない限りありえない。




まあ、もうちょっと内容を調べてみると、、


必要な資格は2級建築士以上、また実務は5年以上。
ふむふむ、これはクリアしてる。
業務で使う言語は英語。
まあ、何とかなるかな。(恐ろしく根拠の無い自信。)

そこから応募のための手続きに目を通し
何とか締め切りまでには1週間ほどあることが判明。
でもよくよく読んでみると
応募には健康診断が必要らしい。

ん?健康診断ってそもそもどこでできるの?
で、結果もらうまでどのくらい時間かかるの?

企業を退職してからというもの
健康には気をつけてはいたものの
健康診断などは全く受けていなかったので
そのシステムから調べること数時間。

飛込みでは受けられないし、
診断書をもらうのにも時間がかかるらしい。
しかも受ける病院によってその日数もまちまち。

いやー、なんか無理っぽいな。
もう少し早く情報知っていたら用意できてたかもな。。

なんて思いながら
でも無理して準備すれば間に合うのでは?
と、約丸1日頭の中は応募に向けての
シミュレーションをしている自分が確かにいました。

もしかしたらJICAのホームページを見たこの日が
大きな大きな人生の岐路だったのかも??

関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

受験  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« JICAについて
ブータン旅行 5日目 »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。