くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

ブータンで大きな地震 

 
昨日9月18日、ブータン時間夜7時頃、
インド北東部のシッキム州にて
マグニチュード6.9の大きな地震がありました。
今日19日現在、インドとネパールで30名ほどの死者が出ているとの情報。

sikkim_R.jpg


シッキム州と国境を接しているここブータンでも
かなりの揺れを感じました。


大きな地震と言っても
きっとブータンでは震度3から4くらいだったと思うのですが
こちらの建物の造りが脆弱な事は分かっているので
揺れが大きくなった瞬間に
『これはやばい!』と思い、慌てて外に出ました。
うちのアパートの住人も皆青ざめて外に避難してきました。


直後から携帯は通じなくなりましたが
固定電話とネットは通じていたので
隊員同士の連絡等は可能で
幸い、JICAスタッフにより全員の安全が確認されたとの事。


ブータンでは地震速報など無く
また地元TVも生放送であったのに
情報は全く流れませんでした。


ただ、地震直後に
現在アメリカに出張中のブータン首相と
東部ブータンへ巡礼中の国王から
Facebookを通じて、落ち着いて行動をとるよう
コメントが寄せられました。



今日18日現在、ブータン国内での大きな被害は聞かれていませんが
単にまだ情報があがっていないだけだと思います。

しかし地元の新聞社、クエンセルによると
パロの国立博物館に若干の被害があったようです。
また、国道が土砂崩れで通行止めになっているところが
数カ所あるとの事。


明日早速、うちの職場からも同僚が
パロ博物館の被害調査に派遣されます。



うわさ話好きのブータン人、
昨日の夜から、また大きな余震が
いついつに起こるとの噂が後を絶たず。。



写真は新聞社クエンセルより
外壁が剥がれ落ちた昨日のパロ国立博物館の様子
11sept19tadzong_R.jpg


※ 修復のためパロ国立博物館の無期限休館が決まったそうです。(9/20現在)
 
 

 

 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« ハ 出張
或る日、旗、空。(その4) »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。