くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

天空の村 

 
世界遺産で有名な南米ペルーの天空都市、マチュピチュ遺跡。

今年はこのマチュピチュ遺跡が

アメリカの探検家、ハイラム・ビンガムにより発見されて

ちょうど100年目。

現地ではそれを記念して式典などが行われたようです。

view1080793_R.jpg
<時事ドットコムより掲載>

こんな感じでライトアップされたマチュピチュの写真は初めて見ました。

幻想的ですね。





ところで、ここブータンの首都ティンプーの標高は2400mです。

私の住んでいる家はティンプーの市内でも

アッパー・モティタンという山腹の地区あります。

街中よりも100m以上高いと思われ

実に標高2500mでの生活。

梅雨時である今、出勤時は雲の中なんてこともしばしば。





そういえば

ブータンJICA事務所の所長さんが

私たちの着任時のオリエンテーションの時に

ブータンを『天空の村』と表現されていました。



まさにその天空の村は

ブータン国内を移動中、そこかしこに見られます。



例えばこの村。標高3,000m以上と思われる。
山の尾根に小さな村があるのが分かりますか?
IMG_8776_R.jpg

拡大写真
IMG_8777_R.jpg


こちらは山頂へと続く道に点在する村々。
IMG_8549_R.jpg

拡大写真
IMG_8550_R.jpg




こちらも山腹の村
IMG_7976_R.jpg


どこかの風景に似てる。。



行ったことがある人なら良く分かると思うのですが

そう、マチュピチュとそっくりなんです!



これマチュピチュを俯瞰した写真(Wikipediaより)
matyupityu_cut.jpg




どうですか?


マチュピチュは古代の遺跡ですが

ブータンでは現に人々が3,000mの山中で

農業を営みながら生活しているのです。



ということでブータンの天空の村の写真をいくつか。

IMG_8257_R.jpg
IMG_8280_R.jpg
IMG_8281_R.jpg
DSC08340_R.jpg
IMG_0985_R.jpg
IMG_3145_R.jpg
IMG_3520_R.jpg
DSC01039_R.jpg
IMG_4017_R.jpg
IMG_4372_R.jpg






一風景として切り取る分には絵になる農村ですが

実際に暮らすとなると想像を絶する苦労があるのでしょうね。



マチュピチュ遺跡の標高は2057m。

ここブータンで暮らしていると、天空都市といわれる

マチュピチュも大したことないなーなんて思ったりして。

 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« 建築本
或る日、旗、空。(その1) »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。