くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

パロ・ツェチュ 

 
首都ティンプーから車で1時間ほどの空港のある街、パロで
年に1回の仏教のお祭り『ツェチュ』が行われました。

ブータン各地でこの祭りは行われますが、
とりわけこのパロ・ツェチュは規模が大きく
外国人観光客も多く訪れています。

この日ばかりは地元ブータン人も皆着飾って
会場に繰り出します。


小さな子もお洒落して参加。
IMG_1126_R.jpg


細かい手織りの刺繍が入った女性用の民族衣装『キラ』は
日本円で数万~数十万円するものも。
IMG_1122_R.jpg



私たち同期隊員もお出かけ用民族衣装で参加。
DSC09015_R.jpg






こちらがツェチュ会場。人、人、人の山。
DSC09035_R.jpg




祭りの様子。仏教にちなんだ仮面舞踏が主な演目です。

IMG_1213_R.jpg
IMG_1204_R.jpg
IMG_1451_R.jpg
IMG_1793_R.jpg
IMG_1640_R.jpg
IMG_1532_R.jpg
IMG_1494_R.jpg
IMG_1293_R.jpg
IMG_1232_R.jpg



通常、5日間行われるこの祭り、
最終日の早朝には『トンドル』という
大仏画が開帳されクライマックスを迎えます。

早朝、といっても未明です。
夜中の2時半に出発して3時に到着。
真夜中の満月とパロ・ゾン。
IMG_2074_R.jpg



既に多くの人が集まっていました。
ちょうど大仏画が掲げられ始めたところの様子。
IMG_2002_R.jpg



シルクでできた大刺繍です。
IMG_2043_R.jpg



日の出とともに御開帳もクライマックス。
IMG_2188_R.jpg
IMG_2197_R.jpg
IMG_2225_R.jpg
IMG_2254_R.jpg
IMG_2235_R.jpg



祭りの途中、この会場でも
日本の震災に関する状況が読み上げられ、
隣接するパロ・ゾンで
追悼のバターランプセレモニーが行われました。
IMG_2308_R_20110403163103.jpg


通常、ゾンのお堂内部では写真撮影は許されませんが、
日本の方々へブータン人の気持ちを伝えてほしい、
との主催者側からの意向で
撮影させていただくことができました。

多くの方々が灯明され、
今回の震災にに対する関心の高さ、
同情の想いが伝わってきました。




関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« 祈り
ハ 出張 »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。