くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

お犬サマ 


ブータンでは国の宗教がチベット仏教なので
敬虔な仏教徒が多いことで知られています。

なのでむやみに動物を殺生したりしません。
たとえそれがハエだろうと蚊だろうとゴキブリだろうと。

ブータンのハエは殺されないと知ってか
動きが鈍い、という本当か嘘かの噂話が。


で、その教義の恩恵にあずかってか
野良犬が街中を闊歩しています。

このお犬サマたち、
日中はおとなしく寝ていることが多いのですが。。
DSC06367_R.jpg
DSC06485_R.jpg
DSC06678_R.jpg
DSC02120_R.jpg



彼ら、夜になると狂ったように吠えまくります。。

この国で一番気をつけなければならない病気が
その名のとおり狂犬病。

夜遅くに外を歩いていると
必ず吠えられます。

先日も深夜に6、7頭の犬に囲まれ
吠えまくられました。
さすがに恐怖を覚えました。。

吠えられるだけならまだよいのですが
隙あらば、噛み付こうとしてくるのです!

狂犬病は致死率100%の怖い病気です。

噛まれたりしたら3日以内に
狂犬病接種を受けなければなりません。
正しく接種すれば発症しない病気ではあるのですが。

この国に来て犬だけは本当に怖くなりました。
そして日本の犬の上品さが一際懐かしいです。
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« ゾンカ語研修
初雪の休日 »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。