くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

パロ出張 

 
【備忘録】
2011/11/23, 11/25, 11/28-12/01, 12/27
パロ 国立博物館(Ta Dzong)地震被害調査

_MG_6423_R.jpg
DSC03519_R.jpg
DSC03521_R.jpg
IMG_0914_R.jpg
IMG_0946_R.jpg
IMG_0976_R.jpg
IMG_0973_R.jpg
IMG_0985_R_20111124222219.jpg
IMG_1067_R.jpg
IMG_1063_R.jpg
IMG_1087_R.jpg



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

page top△

国王の被災地訪問 

 
ブータン国王が、被災地の福島を訪問されました。

ブータン国営放送BBSより
111119-0002_R.jpg


以前から国王は
震災後、日本へ行ったらまず被災地に行き
祈りを捧げたいと仰られていたそうですが
確かに体現されました。

先月、ブータン首相も訪日時に福島を訪れていたのですが
それと同じルートで今回国王も訪問されたとのこと。

もちろん震災犠牲者への祈祷の目的もあり
今回はブータン第二の高層も随伴し訪日したのですが
報道によると
国王は自ら広告塔となり、
福島の安全性を世界にアピールしたかったのだと。
そして一日も早く復興した被災地に
人々が戻るようにとの思惑があったのだということです。

未だに完全な安全性を確認できていない被災地に
国王自ら赴き祈祷されている姿に
現地の人々も心を震わせているようでした。

私も日本の震災以降、
こちらブータンでの追悼セレモニーなども通じて
幾度となくブータン仏教のお経を拝聴しましたが
TVの画面から流れてくるその聞き慣れた旋律が
今まさに日本の現地で読経されていると思うと
ブータン人の想い、祈りが確実に日本に届いているように感じ
非常に感慨深いものがありました。


写真は国王のfacebookページより

320854_10150392546488260_43817623259_8298380_331868535_n_R.jpg
320854_10150392546493260_43817623259_8298381_711862959_n_R.jpg
320854_10150392546503260_43817623259_8298383_2044006620_n_R.jpg


未だに、(放射能の影響で)日本へは行きたくないという諸国の要人もいる中、
今回のブータン国王の訪日、特に被災地への訪問は
単なる外交という枠を超えた、
仏教国ならではの心からの行動だと感じます。
 
 

 

関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ブータン国王の日本国会演説 

 
本日ブータンは、『Descending Day of Load Buddha』の祝日。
(初転法輪、ブッダが初めて法を説いた日)

朝から久々に日本の番組を見ました。
インターネット経由で日本のTV番組を
ライブで視聴できるソフトを使って。
便利な世の中になったものです。

 
というのも本日はブータン国王が日本の国会で演説する日。

ところがTV生中継はなく、どうしたものかと思っていると
国会をインターネット中継する衆議院のサイトがあり
そちらで視聴しました。

111117-0030_R.jpg
111117-0012_R.jpg


衆議院議場に王妃と共にお出ましになられたご夫妻。

冒頭、国王は日本政府関係者への謝辞のあとに、
このようにおっしゃられました。




『 日本国国会の中で皆様の前に、

 今わたくしは一人の若者として立っております。


 皆様のお役に立てるような事を

 私から多く申し上げられるとは思いません。


 それどころか、この歴史的瞬間から

 多くを得ようとしているのはわたくしの方です。』





謙虚なお言葉から国王陛下の人柄が偲ばれます。




続いて、国王自身の日本訪問への憧憬、
日本との長い友好関係への感謝、
そして、かの日本での震災にも触れられ、



『 いかなる国の国民も

 決してこのような苦難を経験すべきではありません。

 しかし仮に、このような不幸から

 より強く、より大きく立ち上がる国が一つあるとすれば

 それは日本と日本国民であります。

 わたくしはそう確信しております。』




とおっしゃられました。

ブータンでも先々月に地震があり被災したばかりですので
同じく復興中の日本への思いも一層深かったのだと思います。

演説の最後にブータンのゾンカ語で
お祈りも捧げられていました。



飾られた言葉でない、心のこもった演説に
終了時には国会議員全員がスタンディングオベーションで
国王陛下をお見送りされていました。
384894_10150390881673260_43817623259_8294608_2041462076_n_R.jpg




↓以下の動画はYouTubeより。名演説です。



演説内容の全文は<コチラ>から




これほどの親日国は、世界広しといえども
そう多くはありません。

その理由は、もちろん先人の日本人の長年にわたる地道な活動や
またブータンの外交の巧みさもあったりするのですが
とにもかくにも、この国王夫妻の来日を機に
今後のさらなる日ブ友好の発展を願ってやみません。

 




ちなみにこの中継前に日本のワイドショーを見ていたのですが
各局ブータンの話題を取り上げてました。

報道によると本日、
国王は慶応義塾大学の名誉博士号を授与されたそうで、
また都内の柔道場(講道館)へ行かれて練習の様子をご覧になられて
なんと友好の印に柔道着と黒帯をもらっていました。
(国王自身が2年前から柔道を始めたと放送されていたが
それは本当か?? そしていきなりの黒帯!)


ともあれ、日本ではプチ・ブータンブームが起こりそう?


関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 2

page top△

ブータン国王夫妻訪日 

 
ブータン国王夫妻が訪日されました。

その様子はこちらブータンでも、トップニュースで報道されていました。
(ブータン国営放送BBSより)
111116-0022_R.jpg



今年3月の震災後、初の国賓の来日だそうですね。


先代国王は昭和天皇の崩御の際に
大喪の礼に参列されましたが
現国王は初の訪日です。

ちなみに、日本の皇太子殿下、秋篠宮殿下は
過去に訪ブしたことがあるそう。

386229_10150389778573260_43817623259_8291196_1765422802_n_R.jpg
(以下写真は日本の報道サイトより)




111116-0003_R.jpg
1117125861_68_R.jpg


やはり正装なので民族衣装のゴとキラをお召しですね。
TKY201111160530_R.jpg


夜は皇居で宮中晩餐会が催されたそうです。
111117-0029_R.jpg



この晩餐会の前に
王妃はお忍びで(と言っても日本のマスコミの報道による情報ですが)
銀座のユニクロでお買い物を楽しまれたそうです。

ヒートテックでもご購入されたのでしょうか。
私たちにとっても、ここブータンの冬には必需品ですからね。

 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ウォンディ・ポダン出張 

【備忘録】
ウォンディ・ポダン・ゾン Steering Committee

IMG_0839_R.jpg
IMG_0835_R.jpg
IMG_0863_R.jpg
IMG_0864_R.jpg
IMG_0874_R.jpg
IMG_0896_R.jpg
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。