くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

探し物は何ですか? 

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

[edit]

その他  /  trackback --  /  comment --

page top△

短い夏の終わりに 

 
雨期の合間に、2ヶ月ぶりくらいの夏らしい青空!
IMG_5984_R.jpg


土曜日の午前、寝てはいられぬとカメラ片手に散歩に出ました。



目指すはデチェンポダンというお寺。

徒歩1時間くらいの散歩道をてくてくと。
 


道すがらの田園風景とタシチョゾン
IMG_6039_R.jpg
IMG_6070_R.jpg

小学校帰りの子供たち
IMG_6007_R.jpg


お寺の参道に建つチョルテン(仏塔)
IMG_6081_R.jpg
IMG_6066_R.jpg

 
ようやくお寺に着きました。
IMG_6107_R.jpg


僧侶学校も備えたこのお寺。
多くの少年僧がいました。

IMG_6101_R.jpg
6095-2_R

散髪中。
IMG_6121_R.jpg

屋根の上で洗濯干しの時間。
IMG_6133_R.jpg

緑の美しい棚田の向こう、木立の奥に
第4代前国王のお住まい、サムテリン宮があります。一般立入り禁止です。
IMG_6131_R.jpg




別の角度からのお寺の眺め。基壇を上ったところ。
IMG_6147_R.jpg

夏の空に国旗がはためいていました。
IMG_6152_R.jpg




ひまわりも見納めでしょうか。
IMG_6124_R.jpg

 
一気に夏も終わり秋がやってきそうな気配です。 
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 2

page top△

ロイヤル・ウエディング・ギフト 

 
現国王のロイヤル・ウエディングを10月に控え、

ブータン・オブザーバーという新聞社がある企画をしています。


『 Special Royal Wedding gift/greetings from the people 』

という企画。


一般国民の主に顔写真を募り、それをモザイク状にして

国王と王妃のポスターを作りましょう、というもの。

全国民からのお祝いとして、国王に進呈されるというコンセプト。


完成予想図はこんな感じだそう。
Mosaic_R.jpg
<Bhutan Observer ホームページより掲載>



こちらの新聞社へ写真データを持参して

60ニュルタム(約120円)を支払えば誰でも参加できます。

9月16日まで募集中で海外からの応募も可能みたいです。



で、物は試しと思い申し込んできました。

サンプルがあったので見てみましたが

構成している1枚1枚は1cm角くらいの大きさで

近付いてみても自分のものか判別できるかどうか、といった具合。



ウエディング当日にこのポスターが一般にも販売されるみたいです。

まだ正確な日程は決定してないのですが。



ほんの少しでも、祝賀行事に参加したという気分で

まあ気長に待ってみます。
 
 

 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

パジョディンへの出張 

 
たまには仕事の話題を。


パジョディンという山奥(標高約3,700m)にあるお寺の調査に出かけました。

首都ティンプー市内からも気軽に行けて

トレッキングコースとしても紹介されている場所です。


雨季真っ只中のこの時期、やはり天気はあいにくの曇り。

雨が降っていないだけまだましでしょうか。


雲の中をカウンターパートと共に歩き始めました。そうです、既に雲の中です。
DSC01648_R.jpg


途中、綺麗な珍しい植物がお目見え。
IMG_5393_R.jpg
IMG_5391_R.jpg
IMG_5380_R.jpg
IMG_5390_R.jpg
IMG_5979_R.jpg



木から垂れ下がっているふわふわとした
セルク(和名・サルオガセ)という紐状のコケ植物もよく見られます。
IMG_5363_R.jpg
IMG_5371_R.jpg


道中にあったチョルテン(仏塔)にて一休み。
IMG_5372_R.jpg
IMG_5378_R.jpg


2時間半以上かけやっと到着するも、お寺は雲の中。。
IMG_5412_R.jpg
IMG_5405_R.jpg
DSC01666_R.jpg

そりゃそうですね、富士山頂とほぼ同じ標高ですから。



早速調査開始です。まずは測量。
DSC01682_R.jpg

内部の壁画など、傷んでいる箇所の調査もしました。




ここパジョディンでは少年僧たちが宿坊で暮らしています。
IMG_5829_R.jpg
IMG_5828_R.jpg



御勤めも終わりさあ一休み、といったところでしょうか。
IMG_5939_R.jpg


帰りがけ、ようやく雲が途切れて、ティンプー市内が一望できました。
IMG_5616_R.jpg

高層ビルの無い首都です。せいぜい5階建て。
IMG_5613_R.jpg


ぬかるんだ足元を注意しながら2時間の復路、

計約5時間のトレッキングで良い運動になりました。

筋肉痛になること間違いなしです。

関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの仕事  /  trackback --  /  comment 0

page top△

お気に入りのモモ屋 

 
ブータンの食堂には、『モモ』と呼ばれる蒸し餃子のメニューがよくあります。

もともとはチベット料理のようです。

がしかし本場のチベットでは、昨年旅行した人の話によると

本格的チベット料理の店がかつてより少なくなって

モモの食べられる店も減っていると聞きました。

(漢民族の経営する中華料理店に押されているようです。)

9年前、2002年のチベット旅行の際は、ほぼ毎日モモを食べていたのですが。



さて、ここ首都ティンプーにあるモモが美味しい食堂、『ゾンバラ』
DSC06476_R.jpg


お気に入りの店で、頻繁に通っています。

中はこんなで、いわゆる地元住民の大衆食堂といった感じ。いつも込んでいます。
DSC06479_R.jpg



そしてこれがビーフモモ。40ニュルタム(約80円)
DSC06477_R.jpg



こちらはチーズモモ。35ニュルタム(約70円)
DSC06478_R.jpg



持ち帰りもあります。箱代5ニュルタムとられます。
エゼという、唐辛子入りの薬味付き。ビニールに入った赤いのがそれです。
DSC00411_R.jpg
DSC00412_R.jpg


そしてビーフモモをフライパンで焼くと。。
見た目も味も、まさに日本の焼き餃子ウリフタツ! 美味です!!
DSC01178_R.jpg


買いだめして凍らせて保存。

週に1度は家で焼き餃子を食しています。
 

関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンの食  /  trackback --  /  comment 3

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。