くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

さぁ、スリランカへ! 

 
スリランカ。
地形的に「インドのこぼした一粒の涙」とも言われる
インド洋の南東に浮かぶ小さな島。

仏教国でありながら
文化的にはお隣インドと似たり寄ったり。
食事も基本、カレーのようで。


しかし情勢は今までそんなによろしくなかった。
何せ昨年ようやく、26年にもわたる内戦が終結したばかり。
またいつ情勢がどうなることか分からない、
『行けるうちに行っておこう』の一国。

IMG_9389_R.jpg
※シーギリヤ・レディーのフレスコ画


JICAの任国外旅行で、スリランカは
ブータンから行ける国にはリストアップされているのですが
2か月前に渡航制限が解除され、やっと行けるようになったそうです。
(隊員が持つ緑色の公用旅券はどこの国にも行けるわけではなく、
近隣国など一部に限定され、それがパスポートに記載されています。)

ということで念願かなってようやく、いざスリランカへ。
仏教遺跡を駆け足で巡る旅となりました。




IMG_9167_R.jpg
IMG_9213_R.jpg
ダンブッラという街の石窟寺院。(世界遺産)
紀元前1世紀頃のもので
岩を掘った洞窟のような境内に、
岩むき出しの壁と天井一面、
極彩色の仏画が描かれています。
スバラシイ。鳥肌ものです。
このような石窟寺院が5窟ほど密集してます。

IMG_9194_R.jpg
同じ上座部仏教のタイとも違い、ミャンマーやラオスとも違う、
どちらかというと凛々しい仏像や仏画が多いように感じました。




スリランカの上座部仏教はインドのパーリ語から
直接翻訳されて入ってきました。
なので現在でも最も原始仏教の教義を反映しているとも言われています。

それに対し日本の仏教(大乗仏教)は中国を経由したり
またその影響で経典を漢字の当て字としていた点などから
意訳や本来の教義からかなりそれた経典で
いわゆる純粋な仏教の形ではありません。
誤解を恐れず言えば、内容もかなりアバウトです。
それに対し上座部仏教はストイックです。
上座部の僧侶は一生独身でいるのに対し
日本の大乗仏教のの僧侶は妻帯者がいる点でも明らかです。

仏教についてはまた別の機会に
ブータン仏教との比較もしながら記すことにします。



直接仏教とは関係ありませんが
5世紀頃の王宮、シーギリヤロック。
この岩の頂に王宮が建てられていました。
IMG_9348_R.jpg
IMG_9404_R.jpg

 
ライオンの爪の形の彫刻。
この岩の上部にライオンの頭部があったそう。
DSC01999_R.jpg


山頂の宮殿跡からの眺め。
IMG_9415_R.jpg
 

途中にある美女のフレスコ画、通称『シーギリヤ・レディー』
意外にも手で触れそうなところの壁に描かれている。
IMG_9380_R.jpg
IMG_9393_R.jpg




 

旅行中、ペラヘラ祭りという
仏教の祭典に出くわしました。
仏歯を象の背中に乗せて町中を練り歩く、年に一度のお祭りです。
IMG_9895_R.jpg


周りでダンサーが火をかざしながら太鼓を叩いて踊っているのですが
この象たち、それに合わせて3時間も行進しながら一緒に踊るんです!
IMG_9607_R.jpg
IMG_9541_R.jpg
IMG_9818_R.jpg



ガイドさん曰く、踊らされているのではなく、
自ら楽しんで体を揺らし、踊っているんだそうです。
合計80頭もの象が隊列を組んで練り歩きます。
IMG_9869_R.jpg
IMG_9935_R.jpg


序盤、かなり雨が降っていたのですが
体に取り付けられた電飾が感電しないのか心配でした。
象はバッテリーを積みながら行進しているそうです。。
IMG_9944_R.jpg





ツアーの最後に、象の孤児院に行きました。
親とはぐれた象たちが50頭ほど飼育されていました。
IMG_0028_R.jpg
IMG_0075_R - コピー

子象の仕草、かわいいんだこれが。



スリランカ、想像したより治安も良く
とても昨年内戦が終わった国とは思えないほど
ホスピタリティーに溢れ、
遺跡も人も食事も満足(スリランカカレーうまい!)。
そして仏教よりも象の印象がとても強く残った旅でした。
一生分の象を見きった感じ。
 
 
こぼれ話:
シーギリヤロックの新博物館はJICAにより建てられ、
スリランカに贈呈。昨年開館したそうです。
もちろん見学してきました。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

  /  trackback --  /  comment 0

page top△

8・12 二本松ショック 


私の派遣されるH22年3次隊は、
実際の派遣期間は年明けのH23年1月から
ちょうど二年のH25年1月までなのですが
それに先立ち再来月、10月6日から12月9日まで
65日間の派遣前研修という合宿を行います。

全ての隊員(候補生)が長野県の駒ヶ根か
福島県の二本松に振り分けられ
それぞれの訓練所にて
語学と国際協力について徹底的に学びます。

朝8時半から夕方5時半までみっちりと
月曜から土曜まで軍隊並みのハードスケジュールで
就業するみたいです。

老若男女それぞれの訓練所で約200人ずつくらい
(シニアボランティアといわれる40歳以上の方も含まれる)
2ヶ月にもわたって合宿するわけです。

任地での2年間より、訓練所での2ヶ月のほうが充実してた、
なんて本末転倒の感想も聞いたことがあるくらい
この合宿の意味合いは個人差こそあれ重大なわけです。

今年の2月、合格発表時に
既にこの訓練所がどちらになるかが指定されており
私は長野県の駒ヶ根のほうでした。

それで合格から今までの約半年間、
多くの懇親会などにも参加し
同じ駒ヶ根訓練生とも知り合ってお互い情報を交換し
入所まであと2ヶ月を切った今
もう気分は、駒ヶ根に向かってスタンバっている状態だったのですが、、、

なんとなんと、ここにきて
訓練所が駒ヶ根→二本松に変更!
ブータンとベナン派遣予定の全候補生が対象との事。

どちらの訓練所も収容人員にはもちろん限りがあるわけで
今回、駒ヶ根訓練所が過多になってしまったとのことで
単純な人員調整だそうです。

この決定には不満がある訓練生も多いのですが
何を言ってももう、強制変更です。

中には地理的な関係から
訓練所が駒ヶ根だという理由で
参加を決めた方もいるでしょう。

合格発表の時点で
人員は分かっているわけですから
なんでこの入所まで2ヶ月を切った今
突然の訓練所変更になったのか理解に苦しみます。

まあでも、二本松組の候補生の方々とも
今まで多く知り合いました。
そして、訓練所の分け隔てなく
皆、志は高く、
同じ船に乗った仲間ではあります。

もう決まったこと。
これも何かのご縁だと思い
気持ちを切り替えて
二本松へのカウントダウンを始めたいと思います!


それにしても、我々にとっては
『8・12 二本松ショック』とも言えるくらい
衝撃的な出来事でした。。
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

その他  /  trackback --  /  comment 4

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。