くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

iPad雑感 


iPadに関してはレビューなど書かないつもりだったのですが
ブータンに持っていったらもしかして役に立つのではないか、
と思った機能を、ほんの少しだけ雑感を交えて紹介。



まず、
「オンスクリーンキーボードが思っていたより使いやすい。」

これは多くの方が感じているみたい。
直接画面のキーボードで打ち込める機能なのですが
片手でも両手でも打ちやすいし、
今のところ誤打はあまりないです。
(ただし、長文入力には少し疲れるか。)

ということで、これに関連して少し思ったのが
もしかしたらiPadって電子辞書代わりになるのでは?
ということ。

派遣前訓練中や赴任したあとでも
電子辞書が必要なのではないかと思って
もう少ししたら購入しようと
カタログなども眺めていたところなのですが
これだけ文字の入力がスムーズにできれば
実際に電子辞書よりも使いやすいのではないかと思います。

iPad用の英和、和英辞典のアプリもすでにあるようで
個人的には、音声機能とブックマーク機能があり
あとは文字が打ちやすければいいと思っていたので
これはこのアプリ、買わない手はないかと。2,800円だし。
電子辞書買うよりは相当お得感あり。



あとは、
「書籍、書類、特にpdfファイルがかなりサクサクと読める」こと。

任国には仕事で使う
日本から持って行ったほうがいい資料、書籍などが
かなりあると思われ、
それらを全てpdf化してiPadに詰め込んでおけば
ボリューム的にかなり有効だと思われます。

書籍のpdf化を扱う業者などもありますし
これやっておけば、多くの情報を日本から持っていけそう。



また職業柄、仕事で多くの写真を撮るので
ストレージとしても十分な容量があり機能しますし
何しろ、そのまま画面上でプレゼンできるサイズなので
かなり重宝しそうですね。



その他のレビューなどは各方面で色々と書かれているので
ここでは割愛します。

疑心半分で、とりあえず予約をし
まあ実際買ってしまったわけなのですが
触ってみないと分からない良さもかなりあったりで
個人的には今のところかなり使えそうなデバイスだと思っています。
コストパフォーマンスは良いでしょう。

単純に、iPod touch、iPhoneを大きくしただけではないみたい。
(自分は両方とも持っていないので比較はできないのですが。)


あ、マイナス面といえば
大きさとホールド感からして、
落下させたり 液晶割ってしまう可能性が高そう!

なのでまだブータンに持っていくかは検討中。。



ちなみにこれが私の買ったiPadケース。
ICEWEAR for iPad

P1020070_R.jpg
P1020071_R.jpg

シリコン製でワッフルのような衝撃吸収構造となっており
半透明の透け具合が結構気に入っています。



それにしても、発売以来連日テレビでも色々と報道されていましたが
マスコミは少し騒ぎすぎなんじゃないか?

「未来を変える発明」って、そんな?
ソフ○バンクの陰謀なんじゃないかと邪推してみたりして。
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

その他  /  trackback --  /  comment 0

page top△

流行りにのってみた。 

 
長いものには巻かれるたちなので
流行りにものっておくことにします。

ただの新しいもの好きということもありますが(ただし飽きるのも比較的早い)、
早速購入しました、


iPad。

P1020057_R.jpg

 

今回の派遣に持っていくかは未だ検討中ですが
写真などを整理するストレージとしても役立つと思うので、どうしようか。
でもあまり高価な物を持っていって、壊れたり盗まれたりしてもイヤなので。

インプレッションなど、たぶん多くの方々が
本日以降書かれると思うので
それは割愛しますが
触ってみること数時間、

“チョット、イイモノ そう。”

以上、感想おわり。


関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

その他  /  trackback --  /  comment 2

page top△

ブータンに関する書籍 3 

 
英語の勉強もかねて
洋書のブータンガイドブックを眺めていたりします。


『BHUTAN -HIMALAYAN MOUNTAIN KINGDOM-』 FRANCOISE POMMARET 著

P1020041_R.jpg

元々フランスの書籍のようで、これはその英語版。
洋書のガイドブックで有名な『ロンリー・プ○ネット』よりも
記事が非常に細かく、また写真も多く掲載。
『ロンリー・プ○ネット』は写真が少なく
文章を読んでいると飽きてしまう、という人にはオススメの一冊。

表紙にある、お寺を背景にした僧侶たちの後姿が印象的。

掲載されている写真の一部は
日本におけるブータン研究の第一人者、
今枝由郎さんが撮影されたもののようです。

私は英語の勉強のため、というか
ただただ写真を眺めてしまう事のほうが多いのですが。。
 
 
関連記事

テーマ: 雑記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンの書籍  /  trackback --  /  comment 0

page top△

JOCV懇親会@渋谷 

 
渋谷にて22年3次隊の懇親会が行われました。

今回の懇親会は冒頭でそれぞれの自己紹介に
比較的多く時間をとったので
より広くお互いの状況などを知れたのではないかと思いました。

毎回感じるのですが、
結構旅好きの参加者の方々が多いので
ブータンに派遣されることを言うと
かなり興味津々に食い付かれます。

中にはブータン希望で応募したけど
ダメだったという方もおられます。
建築に限らず、やはり他の分野でも
ブータンからの要請の職種は人気があったみたいです。

非常に幸運なこのチャンスで
是非とも有意義な活動にしたいと
改めて思うのであります。




さて、今回は3次隊の派遣予定者のみで
前回の懇親会とは形勢逆転、
駒ヶ根8人、二本松4人の計12人。

でも集まってしまえば訓練所がどこであろうと
さほど関係ないのです。

応募の動機こそみなそれぞれで
派遣される国や職種もばらばらなのですが
持っているベクトルが一緒だから話も広がりやすいですし、
価値観を共有できるんでしょう。
うん、きっとそうだ。

ほとんどの方が2次会まで参加し
終電ギリギリまで語らい
次回また集まることを約束して
お開きとなりました。

皆様、お疲れ様でした!
 
R0011974-2_R.jpg
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

懇親会  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ブータンに関する書籍 2 

 
旅好きにはたまらない、旅行情報満載の雑誌、
その名も 『旅』 2009年5月号

P1020044_R.jpg

そもそも旅行雑誌の中で
ブータンが取り上げられること自体が非常に少ないので
本屋の書棚に並んでいるのを見かけたら即買いです。

さて内容はというと、
ブータンの歴史というよりは
「現代社会の中のブータン」を中心に取り上げられ、
最新のブータンスポットや(地○の歩き方より詳しい!)
若者の文化などが紹介されていて
これまで購入したブータンが紹介されている雑誌の中でも異色で、
これから訪れようとしている人にとっても
非常に価値のある雑誌だと思います。



ブータンの最新ファッション事情なども掲載されていました。
こちらはブータン人が着用を義務付けられている
民族衣装の『ゴ』(男性用)と『キラ』(女性用)
P1020053_R.jpg

すでに書店では並んでいないようなのですが
バックナンバーフェアなどがあれば購入してみてはいかがでしょうか。
 
 
関連記事

テーマ: 雑記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンの書籍  /  trackback --  /  comment 0

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。