くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

合格した要因は? 


発表があってからまだ実感が無いのですが
合格した要因って、何だろう。

自分で思い当たることといえば

・実際に派遣国のブータンに行った事があり
 現地の建築事情や雰囲気を僅かながら知っていたこと。

・今までけっこう多くの国を旅してきたので
 様々な国の文化については理解していたこと。

・必要資格が二級建築士以上だったが 
 自分は一級建築士だったこと。

そのくらいしかプラスとなる要因は思い浮かびません。

あとは、青年海外協力隊での応募のリミットが迫っていたので
(応募時点で39歳まで。それ以上はシニアボランティアでの応募となる)
切羽詰っていた状況に慈悲の手を差し伸べてくれたのか?


そもそも、あんなに短い面接時間(10分程度)で
何が分かるんだろう、と不思議でした。

まあ、一般企業の就職活動などでも
このような面接の状況は同じなのだとは思うのですが。


とにもかくにも、
こんな私を選んでくれたJICAの皆様に感謝。
 
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

受験  /  trackback --  /  comment 0

page top△

合格通知 

 
JICAから合格通知が速達で届きました。

P1000855-2_R.jpg

合格でした。
まちがいなく。

そして派遣国は
希望通りのブータン。
職種は建築。
まずはこれが確認できて一安心。

で、隊次は平成22年の3次隊。
今年の12月末、もしくは来年の1月上旬から2年間。

派遣前の2ヶ月間の研修所は
長野県の駒ヶ根で
10月6日からと決まりました。




さて

まずは妻に報告。

「え、ホント受かったの?
 本気で行く気なの??」

やはり妻も、受かるわけは無い、と思ってたみたいで。

本気で?って、
一応、受験するからには
中途半端な気持ちではなかったんですけど。。


送られてきた書類の中に
参加の意思を決める「同意書」が同封されており
提出期限が3月1日のよう。

つまりそれまでに参加の意思を表明するってこと。

それまでの間、様々なシチュエーションを想定し
実際に参加可能かどうかを
じっくりと検討しようと思います。。
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

受験  /  trackback --  /  comment 0

page top△

合格発表 

 
本日、2次選考合格発表の日。


1次選考と同様に
まずはJICAホームページ上に番号のみ発表。

発表時間が記載されていないので
とりあえず午前中に覗くも、まだのよう。

夕方に改めてサイトを見ると、、




番号あり。
何と合格!




最初の感想は、正直

「あ、まじ 受かってしまった。」

舞い上がりもせず
かなり冷静でした。

さて、これからどうしよう、そんな感じ。


まず番号のみしか発表されていない。
ホントにこの番号か?
まあ、番号はあってるみたい。

そして派遣先の国も隊次もまだ不明。


でも応募時の書類に

「希望国以外の要請への派遣を希望しない」

にチェックを付けたよな、たしか。

ということはブータンでいいんだよなぁ
でもまだ分からない。


とりあえず
明日以降、速達で詳細の通知が来ると思うので
待ってみるしかないようです。
 
 





関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

受験  /  trackback --  /  comment 0

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。