くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

ブータン旅行 5日目 

 
本日でブータンとはお別れ。

と、その前に
ブータンでのいわゆる高級ホテルに数件お邪魔して
さすがに(高額すぎて)宿泊はできなかったのですが、
見学だけさせていただきましたのでご紹介。


ティンプーのアマン・コラ・リゾート
IMG_3395_R_R.jpg
IMG_3385_R_R.jpg
IMG_3386_R_R.jpg
IMG_3404_R_R.jpg
IMG_3412_R_R.jpg
IMG_3413_R_R.jpg


ティンプーのタージ・タシ・ホテル
IMG_3415_R_R.jpg
IMG_3420_R_R.jpg
IMG_3422_R_R.jpg
IMG_3425_R_R.jpg
IMG_3436_R_R.jpg


パロのアマン・コラ・リゾート
IMG_4452-2_R_R.jpg
IMG_4455_R_R.jpg
IMG_4463_R_R.jpg
IMG_4465_R_R.jpg
IMG_4466_R_R.jpg


これらの高級ホテルは
他の諸外国と同じレベルの超高級ホテルなので
公定レートにプラス・アルファの特別料金で宿泊可能となります。
1泊1,000US$くらいとも言われています。

どちらのホテルも、いやな顔一つせず
細かいところまで色々と見学させていただきました。

いつかお金をためて来てみたいものです。。




さて、最終日、パロの空港へ。

空港から眺められる、パロ・ゾン。
初日に飛行機から見えた建物はこれだったんだ、と今さら実感。
IMG_4559-2_R_R.jpg


飛行機に乗り込みます。
係員も民族衣装の「ゴ」をきていますね。
IMG_4561_R.jpg


さよなら、ブータン。いつかきっとまた。。
IMG_4563_R.jpg


飛行機は飛び立ち、数分後、眼下にヒマラヤ山脈が。
IMG_4606_R.jpg
IMG_4603_R.jpg



と、ブータンの旅行記はここまで。
このあと私たちはネパールのカトマンズに向かいました。

たいていの旅行者はバンコク経由でブータンに入るのですが
それだとブータンを挟んで、前後泊バンコクに2泊しなければならず
また、バンコク-パロ便の航空料金が非常に高く、
インド、もしくはネパールから空路で入ったほうが格段に安いです。



・ブータンに入る前のインド(ダージリン)旅行の写真は<コチラ>から。

・ブータンのあとのネパール(カトマンズ)旅行の写真は<コチラ>から。

                      (別ブログのウィンドウが開きます)



ということで、4泊5日の短い滞在でしたが
ブータン旅行は無事終了。

ガイドさんには、現地で移動中に
ほんの少しだけブータンでのJICAの活動について伺いました。

この情報を得たことが
後々、運命を変える大きな出来事となるとは、知る由も無く。。。
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータン旅行記  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ブータン旅行 4日目 

 
観光としては本日が最終日。

秘境のタクツァン僧院へ「ハイキング」。

このタクツァン僧院、標高2,800mくらいあるのですが
ブータンでは、3,000mくらいでは登山でもトレッキングでもなく
「ハイキング」なのだそうです。

私たちはハイキング、との言葉に
かなり気楽な気持ちで臨んだのですが。。。


麓から見えるタクツァン僧院。
分かるでしょうか、崖の中腹に白い僧院の建物があるのが。
IMG_4155_R.jpg
IMG_4139_R_R.jpg

歩けど歩けど、なかなか近づきません。


途中の休憩所にマニ車がありました。
右の彼方遠くに、僧院が見えます。
IMG_4170_R.jpg

ようやく目線と同じ高さに見えてきました。
ここまで約2時間。
IMG_4171_R_R.jpg
IMG_4371_R_R.jpg


ついに全貌が見えました。
断崖絶壁に建っているのが分かりますね。
IMG_4284_R_R.jpg



さらにここから僧院目指して進みます。
3,000m近い高地なので息切れが激しい。。
もはやハイキングの域を超えています!
IMG_4322_R.jpg



途中には滝が流れているところも。
IMG_4239_R.jpg



かなり近くまで来ました。
ここまで休憩所から1時間強。
IMG_4231_R.jpg



登山、もとい、ハイキング開始から4時間弱かかって、僧院間近までたどり着きました。
IMG_4247-2_R_R.jpg


ここから先は聖域のために、写真撮影はNG。
普段はなかなか入れない中心部も
ガイドさんの計らいで見せていただくことができました。


下山は比較的楽でしたが、
ひざが笑ってしまって、筋肉痛は避けられそうにありません。

最終日の5日目に続く・・・

 



テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータン旅行記  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ブータン旅行 3日目 

 
本日は3日目。
そろそろ高地にも順応してきました。


まずはティンプーのメモリアル・チョルテンへ。
故3代国王のための記念碑的建物。
老若男女問わず、朝から晩まで参拝者が訪れています。

IMG_3782_R_R.jpg
IMG_3781_R_R.jpg
IMG_3785_R_R.jpg
IMG_3789_R_R.jpg




続いて空港もあるパロの街へ移動。

かつてティンプーからパロまでは
車で1時間以上かかっていたのだそうですが
2008年の王様の戴冠式に合わせて、諸外国の要人を迎えるために道路が整備され、
今では40~50分くらいで着くようになったそうです。

パロのメインストリート。
IMG_4120_R.jpg

典型的なブータン建築様式の商店です。
IMG_4104_R.jpg
IMG_4101_R.jpg

こちらは学校帰りの学生さんでしょうか。
IMG_3958_R.jpg
IMG_4117_R.jpg


アーチェリー場にやってきました。
ブータンの国技は何とアーチェリーなのです。
IMG_4021_R.jpg

150mくらい離れた遠くから、的をめがけて矢を放ちます。
IMG_4012_R.jpg
IMG_4061_R.jpg


IMG_4018_R.jpg

矢が的に当たると不思議な踊りが始まるのです。
IMG_4023_R.jpg

自慢の弓を見せてくれました。けっこう高級そう。
IMG_4020_R.jpg

オリンピックなどのアーチェリー競技に出場はしないのか聞いたら、
競技用の距離では短かすぎて、逆に的に当てるのが難しいのだとか!






続いて向かったのは、パロのタ・ゾン。山の中腹にあります。
現在は国立博物館となっています。
IMG_3849_R.jpg

タ・ゾンから見下ろす、パロ・ゾンです。
IMG_3851_R.jpg
IMG_3834_R_R.jpg
IMG_3936_R_R.jpg



パロ・ゾンは17世紀に建立。
キアヌ・リーブス出演の映画『リトル・ブッダ』のロケ地にも使われました。
IMG_3977_R.jpg
IMG_3878_R.jpg
IMG_3888-2_R.jpg
 
多くの少年僧が修行していました。
IMG_3909_R.jpg
IMG_3906_R_R.jpg
IMG_3924-2_R.jpg
IMG_3905_R_R.jpg
IMG_3962_R_R.jpg
IMG_4008_R_R.jpg



秋の街の風景。
軒先にトウガラシが並びます。
IMG_4108_R_R.jpg
IMG_4122-2_R_R.jpg

 
標高も高いために、昼間は暑くても
夜は10℃以下に冷え込みます。


明日はいよいよ観光最終日。
秘境のタクツァン僧院に臨みます。

4日目に続く・・・ 
 
 

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータン旅行記  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ブータン旅行 2日目 


2日目は、ティンプーから車で約3時間、古都プナカへ。

川の中州にある、プナカ・ゾン。17世紀の建立。
内装や壁画が見事。
IMG_3689_R_R.jpg
IMG_3571-2_R_R.jpg
IMG_3591_R_R.jpg
IMG_3598_R_R.jpg
IMG_3633_R_R.jpg
IMG_3631_R_R.jpg
IMG_3649_R_R.jpg
IMG_3655_R_R.jpg
IMG_3650_R_R.jpg


プナカの田園風景。
黄金色に輝く秋の稲穂が素晴らしい。一番いい季節に来たかも?
IMG_3528_R_R.jpg
IMG_3555_R_R.jpg


続いて、ワンデュ・ポダン・ゾン。
17世紀に建てられた小規模なゾンです。
つい先日までブータンの祭り「ツェチュ」で大勢の観光客で賑わっていたそうですが
今はひっそりと静まり返っています。
IMG_3720_R_R.jpg
IMG_3759_R_R.jpg
IMG_3760_R_R.jpg
IMG_3753-2_R_R.jpg
IMG_3749_R_R.jpg
 
 
ブータンの真髄を堪能した1日。
何度「すげぇ~!」を連発したことか。

来た道を引き返しティンプーへ。

ため息の出る風景と建築に、お腹が一杯過ぎて
何だかブータンの素晴らしさを消化できないまま、
3日目に続く。。
 
 
 

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータン旅行記  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ブータン旅行 1日目 


ということで、
とうとうやってきましたブータン。



本日はブータン1日目。

まずは、インドはバグドグラから
ブータンの国営ドゥルク・エアーで
パロまでのフライトです。
(かなりイレギュラーなルートです。
普通の人はタイのバンコクから入ります。)


ドゥルク・エアーの搭乗券。
名前からシートナンバーまで全て手書きですねぇ・・
P1230577_R.jpg
 

あれっ、遠くに機体が見えますがあそこまで歩いていくんですか?
それって航空法的に許されているんでしょうか?? さすが恐るべしインド!
P1230578_R.jpg
 

機体はエアバス社のA319型機。
2機しか保有していないようで、2003年製ですが比較的綺麗です。
P1230584_R.jpg
 

ちょっと驚いたのが機内誌。
ガイドブックのようにきれいな写真と詳しい文章、
さらに中には絵葉書なども入っていて充実!
皆お土産にいただいてました。もちろん私も。
P1020049-2_R.jpg
P1020048_R.jpg
 

インドを飛び立ち、眼下にヒマラヤ山脈が見えてきました!
P1230582_R.jpg

 
そして僅か30分のフライトで、ついにブータンのパロ空港に到着!
すばらしい景色に映えわたる青空!
係員の誘導にも、皆お構いなしに写真を撮りまくってる。
P1230588_R.jpg
 
 
空港の建物もブータン建築様式。
IMG_3276_R_R.jpg
P1230753_R.jpg
 
  
まずは換金所に行くと係員が
「Welcome to Bhutan!」の温かい言葉。
換金した紙幣も自ら1枚1枚、何度も数えて確認して見せてくれたり
早速ホスピタリティを実感。


換金したブータン紙幣です。
歴代の王様とブータンの伝統建築が描かれています。
P1230620_R.jpg

単位はニュルタム。 1ニュルタム≒2円。(2009年10月現在)
ニュルタムとインドルピーは1対1の固定相場で
ブータン国内ではインドルピーも使えます。

 
コチラがアント○オ猪木に似た現在の第5代国王の描かれた50ニュルタム紙幣。
2008年の新国王の戴冠に合わせて新しいデザインになったそうです。
P1230633_R.jpg

 
 

首都ティンプーへ向かう道中。高地なので空が青い!
ティンプーの標高は2,300mくらい。少し息切れします。
IMG_3296_R.jpg
 
 

空港から車で1時間弱、首都ティンプーに着きました。
コチラが本日の宿、ホテル・ドラゴンルーツ。設備は一通り整って快適。
P1230632_R.jpg
 

しばしの休憩後、早速ガイドさんと街中へ。

まずはティンプーの中央市場へ。
基本自給自足だそうですが、インドからの輸入品も多いようです。
IMG_3303_R.jpg
IMG_3307_R.jpg
 
 
続いて、政治と宗教の中心である伝統建築、ゾンの見学。

コチラは現在でも現役で使われている、タシチョ・ゾン。
ブータンでは行政と宗教が同じ敷地の建物で行われています。
IMG_3309_R_R.jpg
IMG_3332_R_R.jpg
IMG_3312-2_R_R.jpg
IMG_3333_R_R.jpg
IMG_3316_R_R.jpg
IMG_3345_R_R.jpg
IMG_3646_R_R.jpg
IMG_3648_R_R.jpg
IMG_3350-4_R_R.jpg
IMG_3349_R_R.jpg

 
夕方の街中に繰り出しました。ティンプーのメインストリート。
IMG_3455_R.jpg

 
ティンプーで一番の繁華街の交差点です。
東京で言えば、渋谷のスクランブル交差点?
でもこの国に信号機はありません。
一度設置されたことがあったらしいのですが
王様の「この国の景観に信号機はそぐわぬ!」の一言で撤去されたそうです。
この中央で日中は警察官が手旗信号を振っています。
IMG_3451_R_R.jpg
 
 
ティンプーで唯一の映画館。インド映画が多いみたい。
IMG_3456_R.jpg
 

初日から驚きと感動の連続で、お腹一杯の見学でした。
明日は、車で3,000mの峠を越えてプナカへ行きます! 


2日目に続く・・・
 
 

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータン旅行記  /  trackback --  /  comment 0

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。