くずくず ブータン日記

青年海外協力隊でブータン王国に派遣されていた建築士の備忘録

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

TOPIC

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

感謝状授与式 ー 任務終了。 

 
帰国した隊員は、帰国直後に2日間、
「帰国時プログラム」に参加することになっています。
主に退任の為の手続きや、帰国報告会、健康診断などです。

 
1月7日にその一環として、
この時期に帰国した隊員、総勢約200名が一堂に会し
感謝状授与式が行われました。


このプログラムでは各国の民族衣装での参加がOKで
私たちブータン隊もゴとキラで臨みました。
ブータン隊はその中でも注目の的。
みんなから絶賛されすぎて、
恥ずかしくもあり、また誇らしくもありました。
 
 
他の国々の隊員もそれぞれの民族衣装で。
中国、ベトナム、モンゴル、ブータン隊、集結!
DSC04502_R.jpg


懐かしい、顔、顔、顔。。
久々に集まる各国から帰国した隊員同士、話が尽きません。
皆元気な姿で再会出来て、うれしい限りです。


式では、外務大臣からの感謝状が
阿部俊子政務官より、隊員一人一人に手渡されました。

授与式の様子はこちらの外務省HPから
 
 
 
翌1月8日は、健康診断、
そして公用旅券が穴をあけて返却され
これですべての任務が終了しました。
DSC04554-2_R.jpg
 
 
 

JICAの要請に興味を持ち、応募をした時から
3年以上の月日が流れました。

こうして今、3年を振り返ると
今までのすべてが夢だったんじゃないか、
と思う事があります。
 
 
 
ただ、ふとした瞬間に
ブータンでの経験がフラッシュバックします。
  
  
異文化との出会い ー
IMG_0581_R_20130119041843.jpg
IMG_0016-3_R.jpg
IMG_1667_R_20130119041843.jpg
IMG_7266_R_20130119043135.jpg
IMG_4391_R_20130119041844.jpg
IMG_2305_R_20130119041844.jpg
 
 
心震える絶景 ー
IMG_8443_R_20130119033857.jpg
IMG_8135-3_R.jpg
IMG_5080-2_R.jpg
IMG_0978-2_R.jpg
IMG_4986-2_R.jpg
IMG_8481-2_R_20130119235823.jpg

 
人々との交流 ー
IMG_6309-2_R_20130119235225.jpg
IMG_6005_R.jpg
IMG_4577_R_20130119034435.jpg
9009-2_R_20130119034434.jpg
IMG_9404-4_R.jpg
IMG_2770_R_20130119034435.jpg
 
2年間で撮りためた何万枚もの写真が
それが現実であった事を物語ります。
 
 

 
 
今、活動を振り返り
私が日本とブータンの架け橋になりえたのかどうか、
その答えは分かりません。
また自身のためにもなったのかどうか。
それも現段階では分かりません。
それが分かるのは10年後、20年後かもしれません。
 
 
 
時間的にも物理的にも、
多くの犠牲がありました。
それでもやはり私は今、
ブータンに行って良かったと思っています。
 
この歳になって
これだけ多くの人と出会い
様々な職種の方と交流し、
そして若い人からベテランの年配者の方々と接しえた事は
一生の財産であり、今後の人生の糧になると確信しています。
 


また、旅行者としてではなく
海外で居を構え生活し
現地の人と交わり、
同じ目線からその国を覗けた事。
その経験によって
それまで気付かなかった母国の日本文化を
見直すきっかけともなりました。 
 


旅行でブータンを訪れた際、
他の国とは違った
言葉では表せないような不思議な感覚がありました。

そして2年間、ブータンに住んでみましたが
やっぱり、まだ良く分からない。
本当に何とも不思議な国です。
たった2年間の生活だけで
その国を総括する事は困難です。 

そんな不思議の国を
また日本に戻って一度リセットしてから
より深く考えてみたいと思います。
私たちが、かの国から得られる事も少なくないはず。

 

そして無事に任務を終えて帰国できた私たちには
その経験を伝えていく義務がある、と思うのです。
 
「協力隊事業は、帰国してからが本当の仕事」と言われるように
今後も何かと、国際協力事業との関わりは続いて行くと思います。
脈々と続くボランティア活動の醍醐味というのは
そこにあるのではないでしょうか。



ブータンの素朴な暮らしを美化するでも無く、
都市化の現状を嘆くでも無く、
2年という期間で経験した等身大で見たブータンを、
地道ではありますが多くの場で共有していきたいと思います。
  
 




ということで、
私とブータン、そして国際協力との関わりは
まだ暫く続きそうです。

報告できそうな記事があればまた
このブログにUPしていこうと思っています。

とりあえず第一部? 完!
 

長きにわたり、ご高覧ありがとうございました。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

その他  /  trackback --  /  comment 0

page top△

約束 

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

[edit]

その他  /  trackback --  /  comment --

page top△

離任の朝、帰国。 

 
ブータン最後の日の朝を迎えました。
DSC04322_R.jpg

恒例のイベントで、
最後の朝の見送りに多くの隊員や在留邦人が
ドミトリーに集まってくれました。
IMG_9316_R_20130118171836.jpg


こちらの車で空港へと向かいます。
IMG_9304_R.jpg


空港まで見送りに行けない人たちとは、ここでお別れです。
さようなら、またいつかどこかで。。
DSC04351−2_R
 
 
仕事で何度となく通った、空港のあるパロまでの道。
DSC04366-2_R.jpg

ちょうど2年前、同じ道からティンプーへと向かいました。
1時間の道のりがいつもより短く感じます。


空港にも多くの人が見送りに来てくれました。

同期のボランティアで唯一
延長して10月までブータンで活動を続けるKさんへ
同期から記念の寄せ書きフラッグを贈呈。
DSC04379_R.jpg

一緒に帰国したかったですが
残りの任期、怪我や病気の無きよう。
Kさん、がんばってください!

最後に空港でも記念撮影。
IMG_9332_R_20130118171836.jpg


名残惜しいですが、みなさんこれで本当に最後です。
ありがとう、みんな。ありがとう、ブータン。
IMG_9343-2_R.jpg



2年前に来ブしたあの日と同じ、青い、青い空です。
IMG_9352-2_R.jpg


遠くに私がメインで携わった物件の
パロ・ゾンと博物館が見えます。
IMG_9372−3_R

思い入れのある建物を最後に見られるとは感慨深いです。
 


こちらも恒例行事なのですが
後輩隊員が丘の上からブータンフラッグを振ってくれているはず。。
IMG_9362-2_R.jpg

あ、あの上!
IMG_9358-3_R.jpg

よく見えましたよ、ありがとう!
 
 

飛行機は定刻より30分ほど遅れて飛び立ちました。
みるみるうちに、空港が小さくなっていきます。
さよなら、ブータン。。
IMG_9387_R.jpg


最後にこんな奇麗にジョモラリ山が見えたのは
女神からのプレゼントか。
IMG_9463-2_R.jpg

遥か遠く、イースト・ヒマラヤの全貌を見渡せました。

 
 
約4時間半後、経由地のバンコクでトランジット。
やっぱりブータンの空港とは規模が違うなぁ。
DSC04436_R.jpg


空港内で同期ボランティアと最後のディナーを。
リアルなタイフードに皆興奮しっぱなし。
o0640048012364437356-2_R.jpg
DSC04433_R.jpg


バンコクから先はタイ航空にて。
DSC04440_R.jpg

定刻通り、1月5日早朝、成田空港に到着しました!
DSC04445-4_R

まだ正月気分は味わえそうな感じの、久々の日本。
 
 
帰国時、まず空港のスタバで抹茶ティー・ラテを飲む、
という自身のミッション(?)もコンプリート。感涙ものの美味しさ。
DSC04446_R.jpg

  

昨年に一時帰国していたせいか
さほど逆カルチャーショックは受けず。
とはいえ、スムーズすぎる交通機関に少し戸惑いながら
都内の自宅へと無事帰宅しました。
 

この後、週末をはさんで
帰国後プログラムが2日間にわたり実施されます。
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

恒例新年会 

 
JICAブータン事務所で、毎年恒例の新年会がが行われました。

いつもはドミトリーでの開催ですが
今年は水道の調子が悪く、年末からずっと断水だったため
事務所が会場となりました。
130118-0001_R.jpg

 
少しでも日本の正月気分を、との計らいで
和食メインのお品書きです。
DSC04166-2_R.jpg
DSC04187_R.jpg
 
 
そして恒例の餅つき。
DSC04199_R.jpg

あんこやきな粉などをつけて、日本の味を堪能。
 
 
スカッと晴れたブータンの冬空のもと
ピクニック気分で楽しみました。
DSC04207_R.jpg


こんな皆で集まるイベントも、もう最後ですね。。
 
 
関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

新年の引越し 

 
新年、あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。!!
737270_511606315546238_1378494639_o_R.jpg


と、悠長に言っていられないほど、忙しい年明けとなりました。
元日早々、アパートからドミトリーへの引っ越しです。

まあ、ブータンでは特に1月1日は祝日でもなく、
年明けムードは皆無なので。。

段ボールに詰められるだけ詰め込んで、郵便局へ。
DSC04120_R_20130121021344.jpg
DSC04121_R.jpg

空になった寝室。
DSC04127_R.jpg

いよいよ帰国の実感が湧いてきました。

関連記事

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

ブータンでの生活  /  trackback --  /  comment 0

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。